2019年5月22日 (水曜日)

杉谷昭子さん

杉谷昭子さん亡くなられたのですね、、、

和歌山出身の方で、はるか昔(40年前)和歌山市響で皇帝を伴奏させて頂きました。華奢なそのお姿からは想像できない力強い演奏でしたね。

黙祷

・・・・・・・・・・・

ピアニスト杉谷昭子さん死去 2019-05-21(火) 16:56

共同通信によりますと、和歌山市出身のピアニスト、杉谷昭子さんが今月8日、間質性肺炎のため東京都葛飾区の自宅で亡くなりました。76歳でした。
杉谷昭子さん、本名、岡田昭子さんは今月8日の朝亡くなり、葬儀・告別式は近親者で行われたということです。
杉谷さんは、長年ドイツと日本を拠点に活動し、「ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan」を立ち上げるなど、若手の育成にも力を尽くしました。また、ブラームスのピアノ独奏曲全集やベートーベンのピアノ協奏曲全集など、数多くの演奏を録音しました。

190522_01

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月曜日)

大願成就

無事松戸シティフィル演奏会が終わりました。

今回久々にプログラムに曲紹介(一部を下記に)を書かせて頂いたのですが、40年間想い続けた念願のシューマン「春」の演奏が叶い感無量でした。
40年前のバーンスタインの描いた音楽が、演奏しながらリアルタイムで蘇り、不覚にも目頭が熱くなってしまい・・・

ありがとうございました。

バーンスタインの来日公演はクラシックコンサートでは珍しいシンフォニー2曲というダブルメイン。後半のショスタコ5番は、伝説の名演としてこの来日での東京文化会館の演奏が東京ライブとしてレコード化され、ショスタコ5番の名演として今も販売されてます。
私が聴いたフェスティバルホールでのショスタコ5番も素晴らしい感動をいただきましたが、びよら2pultオモテの奏者が4楽章でG線を切ってしまったのですが、C線のハイポジを使いながら弾ききられたのを目の当たりにし、別の意味でも感動した記憶があります。

・・・・・・・・・・・・・・・

全くの個人的な話で恐縮ですが、、、

1979年6月23日土曜日午後7時、私は大阪フェスティバルホール最前列中央で敬愛する大音楽家バーンスタインの登場を待っていた。前年、別居中の奥様のご不幸で急遽直前に来日中止になっていただけに、余計に心を踊らせながら。
とは言うものの、奇しくもその日は年2回しかない大学オーケストラ演奏会の本番日。

4年生の我儘で、後輩たちには「何と思われようがバーンスタインを取る」と宣言したものの、半年間の練習を無にする苦渋の選択だった。

想像してた通り踊るような軽いステップで舞台に登場したバーンスタイン。
ピョンと指揮台に飛び乗って会釈し、客席に背中を見せた瞬間、ホールには実に神々しい響きが充満した。


余りに輝かしい金管群のファンファーレと、それに続く心が奮い立たされるような弦楽器群の重厚な響き。
その重厚さはやがて木管群の美しい響きに乗って横へと縦へと拡がっていき、ホルンの軽やかなステップをきっかけにオーケストラ全体で「春」の歓びを軽快に歌い上げ始めた・・・

バーンスタインに会える事だけしか考えず、全くの予備知識なく遭遇したシューマン交響曲第1番「春」。
眼の前を文字通り“踊るように”指揮するバーンスタインの姿が強烈に浮かぶものの、あっと言う間にこの曲の虜となりシューマンの世界へと引きずり込まれていった。
すぐにスコアを手に入れ、要所要所でびよらが重要な位置にあることを知るに至っては「いつかはこの曲が弾きたい」との思いが募り、、、

そして40年。
ようやく大願成就です。

・・・・・・・・・・・・・・・

190520_01

190520_02

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日曜日)

ステリハ

ステリハ休憩中。
暑い、、、

190519_02

| | コメント (0)

演奏会日和

青空と新緑が鮮やかな上野の朝。

天気に恵まれました。
松戸シティフィルの演奏会です。

190519_01

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金曜日)

当選!

侍ジャパンの稲葉監督サイン入りユニやボールが当たるプレゼントに応募。
3等賞に札幌ドームのペアチケットがあるとは知らず、、、

で、おめでとうメールが来てしまった。

来週火曜日のホテル宿泊と千歳往復チケットも付けてくれ。
中途半端に運を使いたくなかったなぁ、、、

・・・・・・・・・・
この度は「侍ジャパンナイタープレゼント」にご応募をいただき、誠にありがとうございました。
抽選の結果、見事ご当選となりましたことをお知らせいたします。
【ご当選内容】
B指定席 ペア1組2枚 ※塁側はご指定いただけません
<試合日>5月21日(火) VS.東北楽天ゴールデンイーグルス(開場16:30・試合開始18:00
<引換方法>試合当日に札幌ドーム当日券売場(北チケット売場A (歩道橋横断後左側))もしくは南チケット売場(南ゲート3横)で本メールを係員にご提示いただき、観戦チケットをお受け取りください。
<引換時間>15:30~7回裏終了まで

190517_01

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木曜日)

対イーグルス戦

昨夜の8-0からの逆転サヨナラ負けの悔しさをバネにファイターズ戦士からは熱い気迫を感じました。
投手5人の気迫の投球で2安打完封勝ち!

東京ドームながらビジターゲームだったのでファイターズの試合前練習をたっぷり見ることができました。

写真1番目 左から
・宮西、上沢、金子、有原、玉井
・お腹の気になる木田ピッチングコーチ

写真2番目 左から
・バットにもたれる栗山監督のいつものポーズ
・久々です!矢野っち
・浅村と談笑する小谷野
・国歌演奏はなんと東フィル弦楽五重奏

写真3番目
・勝利のハイタッチ!

写真4番目
・昨夜の悪夢があるのでハラハラし通しでしたが、終わってみればアッパレでした!

190516_01

190516_02

190516_03

190516_04

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月曜日)

デジタル楽譜

録画した昨日のクラシック音楽館のカルテット演奏。
演奏前に足元に何かを置いてゴソゴソ。
よく見ると紙の楽譜じゃなくiPadでの演奏で、置いたのは画面切り替え用のフットスイッチでした。

見開きの譜面台よりコンパクトなiPadなので演奏者の距離もかなり近い。より細かなアンサンブルが出来そうですね。

190513_01

190513_02

190513_03

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土曜日)

トッパンホール

自宅の隣というのにここで演奏会を聴くのは初めてかも知れない。

190511_01

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金曜日)

上沢君で貯金!

WE LOVE HOKKAIDOユニが2着。

札幌の応援仲間が札幌ドームでの配布ユニを送ってきてくれました。
年間シートを毎年買って全ホームゲームを応援し続けてくれてる方ですが、今年は特にファンの入りが悪いらしい。
・・・毎日ガラガラ。

上沢君で貯金するぞ!

190510_01


| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水曜日)

サラサーテ

サラサーテの今月号で所属する松戸シティフィルハーモニー管弦楽団が紹介されてます。

190508_01

190508_02

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月曜日)

コンサート案内

集コンサートが終わり、ホームオケコンサートに集中!

190506_01

190506_02

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日曜日)

浦安市文化会館ホール

オケピット練習

190505_01

190505_02

| | コメント (0)

集コンサート終了

個人的に事故もなく無事コンサートが終了し、日付が変わる前に帰宅出来ました。
新幹線の時間の都合で集合写真には参加出来ませんでしたが5,417,649円の義援金が集まったそうです。

190504_06

190504_07

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土曜日)

ステリハ(2)

今更ながら響きの良いホールですね。
しかも弾きやすい。

びよらトップの先生に「2・3プルトの4G(ジジイ)」と呼ばれる。
うまい!さすが関西のノリ!!

190504_04

190504_05

| | コメント (0)

ステリハ(1)

ステリハもようやく休憩。

190504_03

| | コメント (0)

«メッセージカード